• 通常、大口の融資を受けるには、それ相応の担保が必要となります。
    では、具体的に担保となる物には、何があるかと言いますと、まずは不動産でしょうか。
    他に、所有する不動産の価値が低い場合や、そもそも不動産を持っていない場合などには、定期預金、有価証券といったところが、用いられるようです。
    しかし、個人融資を受ける際に、不動産以外が担保に利用されるケースは、それ程多くないと聞きます。
    なぜなら、借入限度額が少なくなってしまうからに他なりません。
    こういった理由もあって、一般的には、不動産が活用されることが多いみたいです。
    さて、不動産が融資を受ける際に、非常に有効なものであることは、ご理解頂けたでしょうが、実は金融機関によってそれぞれ評価がマチマチなのが、現情となっています。
    今後、皆さんがお金を金融機関に借りる時に、他所で受けた不動産の価値付け等に不満を持ったなら、セムコーポレーションに是非相談してみると良いかもしれません。
    こちらは、SBIグループの企業ですので安心ですし、審査も早く、不動産鑑定力も抜群です。
    きっと満足いく答えが得られると思います。