• ネイルは若い女性などに流行しているファッションの一つで、手の爪に独自のアート・装飾を施して、煌びやかにすることです。
    味気ない日常生活を華やかにしたり、催し物などでも見せる・魅せる効果を期待できます。
    ネイルにアートや装飾を施したりする専門の人のことをネイリストと言いますが、それになるためには知識やノウハウ、作法などを知らなくてはいけません。
    そのため、ネイリストになるための資格が存在し、それはネイリスト検定試験があります。
    ネイリスト検定試験には3級から1級まで存在し、3級はネイルに関する基本的な知識や技術で、2級はサロンで通用する知識や技術です。
    最後の1級は、最上位級でトップレベルのネイリストとして認められる知識や技術が備わっている人の資格になります。
    このうち実際にネイリストとして働く上で欲しい資格は2級以上となります。
    ただ2級以上は職業として仕事も出来る認知された存在となるため、難易度も高く実際の検定試験でも合格しづらいです。
    試験内容も筆記と実技の両方となっており、筆記は独学でも何とかできるとしても実技については日頃の訓練や努力も必要となるので、専用のスクールなどで講師に直接、指導を仰ぐなどすることが合格への近道となります。
    合格することが出来れば、ネイリストとしてサロンで働けたり、サロンを開設して働くことも出来ます。