• 交通事故にあう、という事は一生の人生の中でそうそうあることではありません。
    ゆえに、そんな目にあった場合、どうしてよいのかわからない、というのが普通の方の場合です。
    そして殆どのかたはその処理を保険会社に任せてしまう、というのが通例でしょう。
    しかし!まってください。
    それでは保険会社の提示する最低金額の慰謝料しか、受け取れないことがあるかもしれないというリスクを、しっかり今のうちから知って置いてください。
    痛い思いをして、会社や学校も休まなくてはならなくなったり、後遺症の心配もあるし、日常生活が乱れ、経済的にだって負担が増えてしまったわけですから、保険会社の提示してくれる慰謝料では、「納得がいかない!」という方も多々いらっしゃる事でしょう。
    そんな場合は躊躇せず、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか?自賠責法による算出方法と、弁護士会基準による算出方法では、受け取れる金額がまるで違うのです。
    色々と不便や不自由があった分や、精神的、経済的、時間的なロスに対して、加害者のかたに交通事故の責任を取っていただくのは極自然なことですから、ここで 泣き寝入りしたりせぬよう、しっかり慰謝料は頂いてくださいね。
    弁護士による交通事故相談|丸の内ソレイユ法律事務所(東京駅徒歩3分)