• 近年、自転車保険に加入することを推奨する自治体が増えています。
    なぜなら、自転車での対人の事故が起きると、被害の大きさにもよりますが、加害者に数千万の賠償責任が生じることもあるためです。
    全国で起きている交通事故に占める自転車事故の割合は、2割ほどとなっており、死傷者の半数以上は、未成年と高齢者です。
    そして、通学などに自転車を使う未成年が、事故の加害者になりやすい傾向にあります。
    自転車に乗った若者と歩いていた高齢者が衝突し、死亡させてしまうという事故もいくつか起きているのです。
    事故を起こしてしまったときの賠償責任は、未成年だからという理由で免除されることはありません。
    自転車保険は、月々の保険料が数百円の商品が多いのですが、補償額が高額で、家族全員が対象など充実しているものがたくさんあります。
    手厚い補償を望む方は、保険料が多少高くはなってしまいますが、様々な特約を付けることも可能です。
    ぜひ、家庭のニーズに合ったものを調べてみましょう。
    また、対人の事故の他に、自分がケガを負ってしまう事故や、物を破損してしまう事故などがあります。
    自転車保険に加入していれば、そういった事故も補償してくれる場合があります。
    家族内で1人でも自転車を使う人がいるのなら、加入しておくことは万が一の備えに繋がります。
    安心して自転車に乗るためにも、加入を検討してみるとよいでしょう。