• 中々、子供が授からない方の中には不妊治療を開始している方、検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    不妊治療と一言で言っても様々な方法があるので、自分たちはどの方法を選べばよいのか困ってしまう程です。
    そこで、注目されているのが卵子凍結という方法になります。
    これは卵子を一定期間凍結保存して、将来の妊娠に備える方法です。
    仕事を持っていたりパートナーの都合で、現在は妊娠を希望していないといった事情により、準備が整っていない方に注目されています。
    なぜなら、卵子は年齢と共に老化を重ねるからです。
    30歳から始まり、35歳で加速してから38歳にはさらに進むと言われています。
    これらが原因で妊娠しにくくなってしまう事を社会性不妊や医原性不妊と言い、予防や回避する為にも必要です。
    実際にこの方法を利用する事を希望したのなら、クリニック選びは慎重に行いましょう。
    信頼できる専門クリニックが良いです。
    特に高度生殖補助医療に携わっている技術を持っているクリニックを利用します。
    長期にわたって凍結卵を保存管理する事が可能だからです。
    妊娠しにくくなってしまう前に、対策を採っておきたいと考えている方にぴったりな方法と言えるでしょう。