• 合同会社は、出資者の責任が有限である点で株式会社と同様ですが、所有と経営が株式会社のように分離しない点で、出資者自身が経営に携われ、意思決定のスムーズさや柔軟な経営活動ができるのが魅力の会社形態です。
    株式会社を設立する場合、設立費用は24万円ほどかかります。
    これに対し、合同会社の場合、10万円程度で設立でき、定款を電子定款で作成すれば、印紙代4万円が不要となるので、6万円で済みます。
    株式会社のような知名度や事業規模の拡大を求めず、資金調達の簡便さと機動的な会社運営を目指すなら、合同会社を検討してみるのも1つです。
    もっとも、会社の設立には、一定の法律知識や制度の知識が必要になり、素人には何かと難しい。
    専門家に依頼してしまったほうが、誤りもなく、スムーズに設立が可能となります。
    時間や手間をお金で買うわけです。
    また、定款の電子作成には、特別なソフトが必要になり、その導入コストが10万円ほどかかります。
    となれば、定款の電子作成を業務としている専門家に、手数料を払って依頼しても、それが4万円以内であれば、設立費用4万円 手数料となり、一般的な設立費用10万円よりお得ですね。