• うっかり社内用のデータをプロジェクトに参加していない別の同僚などにメールを誤送信してしまったということは、企業において誰もがあることでしょう。
    しかし、社内の人間ならばまだ謝罪などで住みますが、万が一取引先におこなってしまうと、取引先などによっては厳格なところもあり、取引を停止するなどの可能性もあるのがビジネスの世界です。
    さらに、送信してしまった資料がライバル会社に流れてしまう事態をも、想定しておくべきです。
    こういったことを防ぐには、メール送信時に確認を必ず行うことによって、ビジネスにおいてのミスを軽減することが可能となります。
    とはいえ、もし送信する資料などを管理できることによって、ある程度企業としての損失が軽減できればありがたいといえます。
    誤送信の際につけていた添付ソフトを送信した後で管理できるシステムがあります。
    上手に活用することで、トラブルをできるだけ軽減することが可能といえるでしょう。